恵庭フットパス > 参加者の声 > 「いっしょに考えよう」 ヒグマとわたしたちのこと

「いっしょに考えよう」 ヒグマとわたしたちのこと

2012-07-02

札幌市街地で初のクマ目撃(4月19日)

札幌、住宅街直近でヒグマ射殺(4月20日)

札幌のヒグマ駆除 市役所に抗議60件(4月21日)

これは札幌のヒグマ射殺事件を報道した北海道新聞の記事の見出しです。テレビでも報道されましたが、皆さんはこの事件をどう受け止めたでしょうか。 「クマがかわいそう」「殺さない方法はなかったの」 「でも、危害を加えられる人のことを考えると仕方がない」 「小学校が近くにあり、子どもが襲われたらどうするの」。いろんな受け止め方があると思います。

殺されたクマは、推定2、3歳の雄で体長約135センチ、体重約120キロだったそうです。札幌市が地元の猟友会に出動を要請し、猟友会は発見後すぐクマを射殺しまいました。

「ひもじくて、切なくて」

こうした事件でいつも思い出すのは、千歳に住んでいるアイヌの古老、姉崎等さんの言葉「クマは泣きながら森をあるいているんだよ」です。姉崎さんはいまは引退していますが、74歳まで支笏湖周辺でヒグマの伝統的狩猟をしてきた人です。山の森は広葉樹から針葉樹に変わり、クマの大事な食べ物であるドングリがなくなって、「切なくてどうにもならなくて里に出てくるのさ」というのです。

クマは冬の間、山の中で穴にこもり、冬眠します。雌は穴の中で出産し、子は1〜2歳を過ぎると親離れし、自立します。射殺された雄クマは2〜3歳と推定されていますが、この頃のクマは親離れしたばかりで好奇心が強く、行動も判断も不安定で最も危険な年頃です。人間でいえば、中学生か高校生ぐらいですね。まだ人間の怖さを知らず、冬眠から覚めたばかりでお腹を空かしていたのかもしれません。食べ物を求めて住宅街の近くに迷い込んでしまったのでしょうか。

でも、私は射殺してほしくないです。札幌市に抗議の電話はしませんでしたが、悲しくてつらい気持ちになりました。

殺さなくてすむ方法は?

殺さなくても、ここはクマが来てはいけないところだよと教えてあげればいいと思います。その方法としては、犬を連れて山に追い出す、鉛の銃弾の代わりにゴム弾、花火弾で脅かし、2度と里に近づかないようにする。こうした方法はヒグマとの共生の道を探っている知床の斜里町で実際に行われているのです。

ヒグマが住宅街に出没しないよう、予防することも大切です。アイヌの人たちは、ヒグマには「キムンカムイ(山の神)」と「ウェンカムイ(悪い神)」がいると言います。キムンカムイは奥山で穏やかに生きる普通のクマ、ウェンカムイは人間が山に放置したゴミに餌づいてしまったりして、次々と問題を起こす危険なクマです。だから、キャンプや山に入った時ゴミは残さず持ち帰ることが大切です。  北海道の野生動物の頂点にいるヒグマは、自然の豊かさをはかる「ものさし」です。ところがその豊かな森が少なくなって、ヒグマの生息数は2,000頭を割ってしまいました。北海道のヒグマは絶滅の射程に入ったとも言われています。  ヒグマが生きていくために必要なことは、ドングリが豊富な自然林を復活させることです。それは私たち人間が生きていくための自然を守り育てていくことでもあるのです。  恵庭の盤尻から支笏湖方面には豊かな自然が広がり、そこにヒグマが住んでいます。そのことを私たちの誇りにしたいですね。同時に、盤尻の豊かな自然を守り育てていくことが私たちの責務でもあるのです。

(えにわ子ども新聞2012年5月17日号寄稿)


Copyright© 2010 恵庭フットパス All Rights Reserved.